●腰痛


慢性腰痛 (「痛み」のしくみと原因)

腰痛は腰で痛みを感じているのではなく脳に「痛みの信号」が送られ脳で感じます。

脳は痛みを感じるだけでなく、脳が自ら血管収縮を起こすよう命令することがあります。

同時に筋肉の緊張も引き起こし患部の血流が悪くなり、また新たな痛みが発生します。

 

こうした悪循環を繰り返していると、脳が痛みの情報を記憶してしまった結果、

普段では感じないような、ささいな痛みや刺激に敏感になり、

より痛みを感じやすくなってしまいます。

これが慢性腰痛の仕組みです。

腰痛の人の画像

 

慢性化した腰痛も誤った生活習慣を見直すことや

筋肉のアンバランスを改善する事により、

痛みの信号をリセットするよう様々な手技で

腰痛を改善させます。

 

腰痛は誰もが一度や二度は経験すると思います。

本来ぎっくり腰などの腰痛の大半は短期間で改善されます。

 

肩こりと並んで身近に起こりやすいので軽視しがちに

なってしまいます。

 

「 腰痛の85%は原因不明」「○○のせいで腰痛が悪化する」

「骨盤の歪みが腰痛の原因」など本やテレビ番組などで

多く取り上げられています。

 

もちろん正しい情報もあるのですが間違えた情報を信じてしまい、ドクターショッピングや

治療院通いを繰り返し慢性化してしまうケースもあります。

 

早い段階で痛みを改善する事が出来ず腰痛が慢性化してしまうと

非常に治りにくい厄介な痛みになってしまいます。

 

 

●主な原因

悪性腫瘍、骨折、リウマチ、内臓疾患などによる腰痛を除外した

大半の腰痛の原因は筋肉の緊張や血行不良、神経の興奮で起こる

筋・筋膜性の痛み、または心因性疼痛※1です。

 

よく言われる背骨のズレや骨盤の歪みといった骨格異常、

老化による椎間関節症や腰椎すべり症、腰椎分離症などの脊椎の異常が

直接的な原因となって腰痛になることはありません。

 

(背骨のズレや骨盤の歪みといった骨格異常については、筋肉に痛みや異常が生じた結果、

代償的に骨盤などが歪む事はありますが、一時的に歪みを矯正しても痛みの原因を取り除

くことはできません。)

 

大切なのは、早急に腰痛を取り除く事で、痛みの原因が改善されなければ歪みも改善されません。

筋肉の異常を取り除く事で歪みも改善します

 

痛みは放置すれば血流が悪くなり慢性化してしまいます。

●腰痛の整体

 

お一人お一人の身体の状態に合わせた手技療法で

筋肉を緊張させている神経の過剰な興奮をしずめて、

脳の間違った痛みの記憶をリセットし、心身共にリラックスした状態で

筋肉のアンバランスを正し、こりをほぐし血行を良くすることで慢性化した腰痛も改善されます。

 

慢性腰痛を改善するには整体などの施術だけでなく日常生活の姿勢など

生活習慣を見直す必要もあります。

 

●重心のかけ方で腰背部、臀部などの筋肉のアンバランスが生じるので改善する必要があります。

 

●長時間同じ姿勢をとることを避け、姿勢を頻繁に変える事を心がける。

 

●頭部を前方に突出させないよう心掛ける。

 

これら以外にも日常的な姿勢の癖や生活習慣を改善することで

腰痛が発症しにくい身体作りをご指導いたします。

 

あわせて当院の施術内容ご覧ください。

 

※1心因性疼痛とは…怒り、不安などの心理的ストレスによって自律神経が乱れ、

運動神経が緊張すると血流が悪くなります。すると、痛みの信号が脳に伝わってきます。

これが日常化すると、外部的要因がなくても心理的な要因が重なったときに

腰痛はおこりやすくなります。その後も、痛みを放置し脳に痛みの信号を送り続けると、

記憶として神経回路にのこり痛みは慢性化してしまいます。