院長紹介


院長の顔写真

 

院長 山田政男 (整体師・鍼灸師)

 

<略歴>

平成9年      某整体師に弟子入り

平成10年     整体学院入学

平成14年     仏眼鍼灸理療学校 鍼灸科入学

平成17年     国家資格 鍼灸師免許取得

平成20年     やまだ整体鍼灸治療院 開院

平成25年10月  心身回復整体院 移転

                    平成29年8月  完全往診制治療

                    

 

●治療家を志したきっかけ

高校時代プロゴルファーになる為に日々鍛錬を重ね推薦でプロゴルファーの養成専門学校

入学しましたが、悲運に入学式前日に交通事故に遭い首、腰を痛め満足にクラブを

ふれるまでに改善せず翌年に退学。

 

夢をあきらめきれず様々な治療を試みるも思うように改善せず途方に暮れていた頃、

二人の素晴らしい先生に巡り合いました。鍼灸と整体の先生です。

お二人のおかげで痛みは完治しました。この事がきっかけで治療家になる決心をし

整体の先生に1年間弟子入りし実技中心に伝授していただきました。

その後、本格的に整体を学ぶため大阪の整体学院に入学しました。

 

●整体師入門

 弟子にしてくださった整体院は看板も出さず完全紹介制で政治家や著名人が来院する

整体院で、先生は週の前半を岡山で後半は他県で治療されていました。

毎日多くの患者さんが来られていたので多くの症例も診る事ができ非常に勉強になった期間でした。

その当時、私が不思議だな~と感じる場面に何度も目にしました。

 

定期的に腰痛で来院される患者さんがいらっしゃったのですが

ある日ぎっくり腰になられて、付き添いの方におぶってもらい

院内に入って来られました。

すると、先生の顔を見た途端に腰痛が治ってしまったのです。

当時の私は本当にびっくりしました。しかし今は不思議だとは思いません。

 

なぜならば、この方は非常に神経質で不安症な方で痛みに対しての

不安、恐怖といった感情が腰痛として現れていたのです。

それが信頼を寄せる先生の顔を見て、「これで痛みが楽になる」という

安堵感で痛みが消えてしまったのです。

 

この方の腰痛は、心の不安感などの不快な感情が原因だったのです

このような感情は腰痛などの痛みの原因になるだけでなく、

痛みに対しても敏感になり些細な外部刺激でも強い痛みを感じるようになります。

 

現在、当院の患者さまも日常生活に支障が出る心因性の腰痛でお悩みの方が

多数来院されています。

 

このように身体は心の状態に大きく左右されます

当院はできるだけ患者様に緊張感を与えずリラックスして整体を受けていただくよう心がけております。

 

整体学院入学

学校に通いながら付属の整体院などでたくさんの患者さんに

接することができ、充実していました。

生理学、解剖学、経絡経穴学などの授業もあり、

より専門的な知識を学ぶことが出来ました。

 

鍼灸学校入学

朝と夜は鍼灸整体整骨院でバイトし昼間に学校に通うという毎日で、

休日には勉強会に通うなど、忙しくも充実した日々を送っていました。

 

鍼灸師免許取得後の3年間

免許取得後、独立開業までに臨床を重ね、1日で30~40人の患者さんを

施術することもあり、そこで多くの症例や経験を積むことが出来ました。

 

鍼灸整体院開業(平成20年5月~平成25年10月)

当初は痛みを伴わない高度な指頭感覚を必要とする繊細な心地の良い刺激の治療法

でおこなっていたのですが、『鍼灸は怖いので…』と鍼以外での施術を求められる方も多く、

この業界に入ったきっかけが整体だったのもあって、よりリラックスして多くの患者さまに

当院の施術をうけてもらいたいという思いから少しずつ改良して東洋医学の理論、臨床経験を

生かして鍼灸を使わない整体を探求し現在の施術内容になりました。

 

●下鴨に移転、心身回復整体院(平成25年10月~平成29年8月)

現地に移転して4年目に入りました。

これからも皆様の健康のお手伝いができるよう、より良い整体を探求していきます。